« 道徳と道徳心ゆえの犯罪 | トップページ | 価格値下げについてのお知らせ »

2016年4月 3日 (日)

製品情報「インディスティンクト+Q」 第11話~第13話

 <追記:2016年11月26日 価格を400円から300円に値下げしました(数値は税抜き)>

 <追記:2016年6月26日 下記にある第11話について、説明文加筆修正>

 価格:300円(税抜き)

 当サークル代表、庫発りべるきの小説です。pdfファイルで構成されております。
 ご購入を検討される場合、無料の体験版で概要を確認することを推奨します。また、pdfファイルの閲覧に必要な環境は利用者自身でご用意願います。

 第11話は表紙1ページ、本文54ページです。第12話は表紙1ページ、本文18ページです。第13話は表紙1ページ、本文約9ページです。
 体験版では第11話の序盤のみ閲覧可能です。

ーーーーーーーーーーーーーー

 ・ 第11話 発生地点と攻撃範囲

 北陸地方のN市の飲食店で爆発騒ぎが発生。その後各方面に送られた関東の消印の郵便物の文書には、N市の全飲食店で酒類の飲み放題サービスを中止するようにと書かれていた。
 犯人は無理やり酒を飲まされて体調不良を起こした学生がいる大学関係者か、それとも酒に酔った者からの暴力についてのトラブルがあった会社などの関係者か。関東の消印だったことも踏まえ警察は捜査をしていくが…
 やがてある人物が大きく動き出す。北陸から離れたところにある小学校。その人物が在学中に体験した出来事。そしてその人物が就いていた仕事。それらについても警察が調べていくことに…


 ・ 第12話 冤罪と責任者扱い

 二つの警察署と一つの地方検察庁に不審物が発射されて飛んできた。後に文書が送られてきた。
 文書は市民に公開されることはなく、最初の不審物の警察署ではある男を慎重に調べることになるが…


 ・ 第13話 工作の時期を待つ

 26歳の女性はある県の天気を確認する。悪天候で交通機関がマヒしていてとても「作戦」を実行できそうに無い。 
 作戦決行予定地はその県のある市。悪天候は収まったものの現地で地方自治関連の選挙があると知り、作戦に必要な条件をこう考える。

 1. 標的に対する作戦実行時期は、早くても選挙結果が確定した後。さらに選挙の話題が落ち着くまでは待つことになる。
 2. 自分がやろうとしていることは選挙がらみの陰謀ではなく、それなりの目的があってのことである。目的をはっきり世に知らしめなくては成功とはいえない。

ーーーーーーーーーーーーーー

 2016年4月5日現在、DLsite様のサイト http://www.dlsite.com/home/work/=/product_id/RJ174809.html で委託販売と体験版の提供が開始されています。

« 道徳と道徳心ゆえの犯罪 | トップページ | 価格値下げについてのお知らせ »